中学生は自分の意志でムダ毛を処理する

中学生が小学生とちがうところは、「この服で手をあげるとわき毛が見えるかもしれない。」「腕の毛をツルツルにしたい。」と思うと、自分でムダ毛を処理してしまうというところです。

「毛が濃いからムダ毛をそって」「脱毛していい?」などお母さんに言う子もいますが、「毛をそると毛が濃くなるからだめ」「ムダ毛の手入れなんて大人になってからでいい。」と反対されて内緒でムダ毛を処理してしまう子もいます。


とにかく多感な時期の中学生は同性の目も異性の目も気になるし
それ以上に、自分自身がムダ毛があるのがいやだと、たとえそんなに目立たなくても がまんできないという気持ちになったりします。

そう言えば、自分が中学生の頃もムダ毛が気になりだしてたなと思い出しませんか?

中学生のわき毛はそったほうがいい?

中学生ではほとんどの子がわき毛を気にします。
そして、ほとんどの子がわき毛をそるなど処理をしています。

体操服に着替える時にわき毛が見えると、かげで「〇〇さんって、わき毛そってない。」「△△ちゃんのわき毛がボーボー」などウワサされることもあるようです。 女子中学生は、異性の目も気になりますが、それより同性の目も気になるみたいです。みんながムダ毛を処理していると自分もしないではいられなくなります。


そして、中学生というとクラブ活動で毎日運動したりもします。
ホルモンの分泌も盛んになってくる中学生は体臭が強くなったりする子もいてます。とくにわきはいつも腕と体ではさまれて汗がたくさん出てむれたりして臭いもあったりします。わきがでなくてもわき毛が多くある高温多湿なわきは臭いも出ます。

わきがでなくても、臭いがすると『わきが』だと言われる可能性もあります。

肌のトラブルを起こさないように

学校生活では、ムダ毛を気にする場面が多いです。
たとえ私服の学校であっても、体操服や水着を着るときは、やはり体毛は見えますし、クラブで運動部に入ってるとユニフォームを着たりします。
クラブ合宿や宿泊学習や修学旅行などもあるので泊まりの時のムダ毛の心配もあります。

ムダ毛の処理は、親に反対されても中学生になるとこっそりしてしまいます。
いちばん多くされるムダ毛処理がカミソリです。カミソリならたいてい家にあるし買ってもそんなに高くはありません。そるだけで簡単です。
そういう理由から中学生に多く使われるカミソリですが、初めてカミソリを使う場合や親に内緒でこそっとするからあせったりして、肌に傷をつけてしまうのが心配です。

切り傷程度なら大丈夫だと思うかもしれないけど、そこから菌が感染して思わぬ肌トラブルがおこったり、カミソリ負けでヒリヒリしたりぶつぶつになったりとする場合もあります。
ムダ毛処理後の肌トラブル

肌トラブルを予防するには保湿をすることが大切です。
小学生とちがって中学生では使うムダ毛処理の道具のはばもひろがりますが、どんな方法でムダ毛を処理しても、少なからず肌は傷ついています。
またそのときは何もなかったとしても、ムダ毛の処理の積み重ねで肌を確実によりダメージを受けていきます。

保湿をすることで肌に潤いをあたえて肌のトラブルを予防できます。

ぬるだけでムダ毛がうぶげになっていくって本当!?

カミソリでそって赤くヒリヒリする、わきの下の毛が皮ふの下で成長してる!!皮ふがガサガサになってる、ムダ毛処理をしているとそんな肌トラブルが出る場合があります。ムダ毛のお手入れをしたあとは必ず保湿をすれば、肌荒れを予防できます。

毎日ぬるだけでムダ毛を薄くしながら保湿もできてお肌もツルツルになる。

ぬるだけ簡単お手入れでムダ毛が薄くなっていく方法

このページの先頭へ