小学生の子どものムダ毛の悩み

小学生のお子さんが毛深いということで悩む場合
お母さんが、小学校でいじめられないか、毛深いことでからかわれないかと心配する場合と
お子さん自身が体毛のことで気になってることや友だちに指摘されて傷ついていることを家で言えない場合などがあります。

またほかの子が毛深いことやムダ毛が目立つことでからかわれていて、自分もああいうことを言われるのではないかと心配になったりもします。


高学年になってわき毛が生えてきたらどうしたらいいかわからなかったり、気恥ずかしくてお母さんに言い出せなかったりもします。

またファッションで手足の毛をツルツルにそる女の子もでてきます。
もしかしたらエステのキッズ脱毛をしたという子もいてるかもしれません。
そういうのを見聞きすると自分もしたくなるし、まわりがそれに続いて脱毛すると自分だけ・・・という気持ちにもなります。

小学生の毛深さは深刻

小学生の子どもには平気で見たままを口にする子もいます。
「毛がもじゃもじゃ」「げじげじ」「くまみたい」「ひげが生えてるー」など
そしてほんの少しのことでもおおげさに言うので、ちょっと気にしている子ならすごく傷つき悩みます。うちの子は家で何も言ってないから大丈夫と思うかもしれませんが、子どもは子どもなりに考えているかもしれません。
お母さんを悲しませたくないと思っているかもしれません。


冬でも半ズボンに半袖の体操服、制服の半ズボンやスカート、水着など肌が露出することも多いです。小学生でムダ毛に悩むのは女の子だけでなく男の子もです。
そして見たままを口にするのは、からかう、いじめるという目的で言ってるということだけでなく
「背が高いね」「そのカバンかわいいね」と同じ感覚で
「背中に毛が生えてるね」「手に毛がいっぱいあるね。」と悪意がなく見たまま口にする子もいます。
どちらにしても、人より毛が多いと思っている子や、誰かに体毛のことを指摘されて自分は人より毛深いと気づいた子どもの心は傷ついてしまいます。

毛深い小学生の子どものムダ毛処理

子どもの体毛が濃かったりするとまずお母さんが悩むことが多いようです。もし自分も濃かったら遺伝かしら?とかわいそうになったりします。

そして、ムダ毛の処理をしてやろうと相談するとご主人やお姑さんに「子どもが脱毛するなんて早い。」と反対されたりしたことがある人も多いのでは?


子どもは成長期で肌もやわらかく処理といっても、デリケートな肌にカミソリをあてたり、脱毛クリームをぬったりするのはためらってしまいます。
実際、小学生の肌にはそういう方法はあまりよくありません。

小学生の肌にも安心な方法

小学生のデリケートな肌に安心な方法は抑毛方法です。
ムダ毛を薄く自然なうぶげのようにしていく方法です。 抑毛方法といってもムダ毛を薄く生えにくくする抑毛ローションをぬるだけです。

  • ぬるだけ簡単ムダ毛処理法
  • コントロールジェルme抑毛作用
    こちらのページ↑ ↑ ↑を読んでいただくとなぜぬるだけでムダ毛がうぶげのようになっていくのかがわかっていただけると思います。
    また、抑毛ローション(コントロールジェルme)は、主成分が天然植物成分なので肌への刺激もなく敏感肌の方でも使えるものですし、お子さんにも使っているお母さんも多いです。 うちの子どもも使っています。

  • 気持ちに負担のないムダ毛処理方法

    小学生の頃は、みんなとちがうということを嫌がります。
    体毛のことでいえば、なんで「自分だけこんな所に毛が生えてるんだろう。」「みんなは、こんなに黒くない。」

    だから、ムダ毛の処理をすると「私はこういうこと(ムダ毛処理)をしないとだめなんだ。」とより悲しい気持ちにさせてしまうかもしれません。

    でも、お風呂上りに抑毛のローションをぬるだけなら、肌がさらっとして気持ちいいしムダ毛を処理されているという感じでもなく、抵抗がありません。

    すぐに効果がでるわけではありませんが、根気よくぬりつづけるとだんだん薄くなっていきますし、子どもも自分でぬることができるので安心感が得られます。

    このページの先頭へ