埋没毛(まいぼつもう)埋もれ毛

ムダ毛の処理後に、毛が皮ふの下で発毛・成長してしまって毛穴から外に出てこれなくなった状態です。   ⇒その他の肌トラブルはこちら

埋没毛(まいぼつもう)埋もれ毛

埋没毛(まいぼつもう)埋もれ毛(うもれげ)で悩んでいる人は結構います。
なぜなら、毛が見えてるけど、それは皮ふの下でのびてしまっているものだからカミソリでそることも毛抜きでぬくこともできません。

この埋没毛ができてしまったら、本当にどうしたらいいか困ってしまいます。
埋没毛ってわき毛やビキニラインできることが多いけど、どちらもなんとか処理したい場所ですよね。皮ふの上から透けて見えてるのにもどかしくなります。

埋没毛(まいぼつもう)や埋もれ毛は、毛穴がきずついて毛穴がふさがって、毛の出口がなくなり皮ふの上に出れなくなって、皮ふの下で成長してしまうのが原因です。 ムダ毛処理で途中で毛が切れてしまったりすることも埋没毛の原因になったりします。

埋没毛・埋もれ毛の対処方法

埋没毛は放置しておくと、ある程度のびてしまったら、体に吸収されていったり、皮ふをやぶってでてきたりします。でも見た目がいやですよね。
自然になくなったり出てくるまで待つのも、恥ずかしいしがまんできません。

私はわきが埋没毛になったとき、どうしてもそのまま放置しておけないことがあったので 蒸しタオルをわきの下にあてて皮ふをやわらかくして皮ふの部分ごとぬきました。
何もしないでいきなり皮ふをつまむような感じで抜くと痛くて赤くなったので
蒸しタオルをあてて皮ふの下の埋没毛を抜きました。

でも本当はムリに毛抜きで抜くのは、よくないんですよね。しかも皮ふの下の毛をほじくるようにぬくなんて。
それに抜くと皮ふがひっぱられるので埋没毛の原因になりやすいです。埋没毛を抜くために埋没毛の原因を作ってしまっていることになるなんて。

また、埋没毛をムリにとりだすと傷がついたり、鳥肌のような見た目の皮ふになったり、色素沈着を起こして黒ずんだりといいことはありません。

埋没毛をムリに抜くのは緊急の場合だけにして、抜いた場合は必ず保湿を。
ふだんから保湿を行って皮ふの角質を柔らかくすることで毛は外に出やすくなり埋没毛予防になります。
埋没毛になってしまった場合も角質を柔らかくすると時間はかかりますが皮ふの下でのびた毛も出てきやすい状態になります。

   ◆その他のムダ毛処理後に起こりやすい肌トラブル
皮ふの出血や内出血毛嚢炎(もうのうえん)埋没毛(まいぼつもう)埋もれ毛カミソリ負け

肌を乾燥から守って、ムダ毛の処理後の肌トラブルを予防できる。
保湿成分・美白成分・抗菌成分・抗炎成分・消炎成分配合の
ムダ毛も同時に抑制できる⇒おすすめ抑毛ローション

このページの先頭へ