黒ずみ・色素沈着(しきそちんちゃく)

ムダ毛を処理した部分が黒ずんだり、色素がシミのように残ってしまいます。   ⇒その他の肌トラブルはこちら

黒ずみ・色素沈着の原因

ぬく、そる、溶かすなど、どんな脱毛方法、除毛方法でも、少なからず肌に負担がかかります。そして、ムダ毛の処理をひんぱんに繰り返すと肌が受けるダメージは大きくなり肌がダメージを受けて炎症をおこします。

肌がダメージを受けると肌にメラニンが集まり肌の細胞を守ろうとします。

メラニンと聞くと思い浮かぶのは日焼け。
夏に日焼けするのは、メラニンが紫外線から肌の細胞を守るために働いているのですね。 それと同じで、ひんぱんにムダ毛処理をして肌がダメージを受けると、肌を守るためにムダ毛処理のダメージから肌を守るために集まってこれが黒ずみ・色素沈着の原因となります。

また、黒ずみや色素沈着は肌を守ろうとするためにメラニンが働いてできるわけですから、ムダ毛の部分を何度もそったり、処理後にお手入れしないで乾燥したままだったり、摩擦などでも起こります。
特にわきの下は皮ふがこすれるので黒ずみやすい部分です。

肌にダメージを受け続けていると、常にメラニン色素がつくられていてずっと黒ずみや色素沈着が残ってしまいます。
色素沈着が起こっている肌は、それだけ肌にダメージを受けているということになります。

また黒ずみが色素沈着のためではなく、毛穴につまった皮脂汚れや埋没毛や鳥肌のようなボツボツによってそう見えることもあります。

黒ずみ・色素沈着の対処方法

黒ずみや色素沈着が、ひんぱんにムダ毛処理をして肌がダメージを受けるからだと言っても、ムダ毛をひんぱんに処理しないといけないこともあります。

黒ずみや色素沈着もきちんとケアすると防ぐことができます。
ムダ毛処理をすると角質がとれ乾燥しやすくなり特にダメージを受けやすくなります。
ムダ毛の処理をする前には、保湿をしたり、カミソリでは清潔なものを使ったりシェービングフォームなんかをつけたり、処理のあとは、じゅうぶん保湿をすることが大事です。

とにかく肌に負担がかからないように自己処理だけでなくその前後のケアも 気をつけると黒ずみ・色素沈着にならない肌でいられます。

市販の美白クリームやローションを使ったり、
皮ふ科で相談すると状態によって保湿ローションや美白クリームなどを処方してくれます。ただし、美白クリームについては、病気やけがでないので健康保険の適応でなく自費での支払いになるでしょう。

   ◆その他のムダ毛処理後に起こりやすい肌トラブル
皮ふの出血や内出血毛嚢炎(もうのうえん)埋没毛(まいぼつもう)埋もれ毛カミソリ負け

肌を乾燥から守って、ムダ毛の処理後の肌トラブルを予防できる。
保湿成分・美白成分・抗菌成分・抗炎成分・消炎成分配合の
ムダ毛も同時に抑制できる⇒おすすめ抑毛ローション

このページの先頭へ