自己処理で起こる肌のトラブル

ムダ毛の処理は脱毛エステや脱毛サロンで脱毛している人も多いでしょうが、
好きな時間に自宅でできる自己処理をしている人はもっと多いでしょう。
脱毛サロンに通って脱毛中の人でも必要に応じて自己処理をしています。

ムダ毛の自己処理でいちばん多いのがカミソリでそる方法す。
カミソリのほかにも除毛クリームや毛抜きや脱毛器や電気シェーバーなど
方法はいろいろあります。

リーズナブルで手軽にできる自己処理ですが、注意しないと、皮ふを傷つけて肌トラブルが起こることがあります。


自己処理したとたんにカミソリ負けをして肌荒れが起こってしまう場合は、
次にムダ毛を処理するときは、肌荒れしないように気をつけようとか、
インターネットで対処方法を調べて実行しようと考えることができますが

「私は肌が強いから大丈夫」 「今まで皮ふに異常が現れたことはなかった」
「肌荒れなんかしない」などと安心していると 思わぬ肌のトラブルが起こってしまうかもしれません。

毛をそった後、除毛した直後にかゆい、チクチクする、赤くなった、ブツブツができたなどの症状がでてなくても、目に見えない細かな傷がついていて、そこからばい菌が入ってしまってたり、のちに毛穴がひろがったり、肌に赤いポツポツが出たり鳥肌ができたようになったり、黒ずみ、色素沈着 、埋没毛の原因がたくさん作られてしまっています。

ほかには、カミソリ負けといわれるもので、カミソリでそった後に、かゆくなったりヒリヒリしたり赤くなったり、ブツブツと発疹がでたりはれたりということもあります。
カミソリでなくても同様の肌トラブルが起きたりもします。

自己処理直後ではないけど、自己処理で皮ふに傷がついたところからばい菌が入ってしまったり、処理後の肌が乾燥してしまうことが原因での肌トラブルもあります。

ムダ毛の自己処理で多い肌のトラブルの代表的なものは、
毛嚢炎(もうのうえん)黒ずみ・色素沈着埋没毛(まいぼつもう)埋もれ毛カミソリ負け出血・内出血などです。

  • newコントロールジェルme

    どんな方法で処理しても、皮ふの表面は目に見えない傷がついてしまうし、肌が乾燥してしまい、肌にトラブルが出てしまいます。そんなムダ毛を自己処理したあとに起こりやすい肌のトラブルは、保湿をすることで予防することができます。
    ぬるだけでムダ毛が薄く細くなっていくコントロールジェルme抑毛ローションは、 保湿成分がたっぷりで乾燥や肌のトラブルも同時にケアできます。

    ⇒こちらの公式サイトより購入できます。

このページの先頭へ